コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

Cypressを使ったE2Eテストの自動化〜環境構築編〜

こんにちは。テストエンジニアをしている吉武です。
普段はコードを書かず、主に受入れテストやシステムテストレベルのテストを複数の案件、手動で行っています。

複数の案件をテストする場合でも、同じようなテストを行うことも多く(例えば入力フォームのバリデーションチェックなど)それを、毎回手動で確認していくのは少し非効率的だなぁと感じています。
毎回確認するものは自動化したいなぁ…と思っていた折、Cypressというのを弊社エンジニアから教えてもらったので、自分でCypressが動く環境を構築してみました。

今回は環境構築編、次回私がブログを担当するときには、実際に使ってみた編をお届けしようと思っています。
よろしくお願いします。

Cypressとは?

JavaScriptのEnd to End(E2E)のテストフレームワーク。
All in Oneで、npmで簡単にインストールできるとのこと。

Cypress環境構築

簡単な手順は以下です。
1. npmのプロジェクトを作る
2. npm install cypress --save-dev でCypressをinstallする
3. ./node_modules/.bin/cypress open でCypressを起動する

1. npmプロジェクトを作る

まずはプロジェクトディレクトリを作りましょう。
Cypress installしたいディレクトリを作り、そのディレクトリに移動します。

$ mkdir hoge
$ cd hoge 

そこで以下のコマンドを叩いて hoge ディレクトリをnpmで管理する宣言をします。
※ このコマンドを実行するといろいろ聞かれますが、全部Enterで問題ありません。

$ npm init

実行が終わるとpackage.jsonがhogeディレクトリ内に作成されます。

2. Cypressをinstallする

hogeディレクトリにCypressをinstallします。
以下のコマンドを叩けばOKです。

$ npm install cypress --save-dev

installが完了すると、ディレクトリ内にnode_modulesというディレクトリができます。

3. Cypressを起動する

ここまでくればあとは簡単です。
以下のコマンドを叩いてCypressを起動しましょう!

$ ./node_modules/.bin/cypress open 

このコマンドを実行すると、hogeディレクトリ内にcypressディレクトリとcypress.jsonが作成され、CypressのGUIが起動します。
Defaultではサンプルコードも追加されています。

■ ↓初回のみ表示されるので、気にせずOKをクリックする

■ ↓Cypress起動画面

試しに起動した画面で actions.spec.jsをクリックするとchromeが立ち上がり、
https://example.cypress.io/commands/actions
のサイトの自動テストが実行されます。

おわりに

とりあえず環境構築はできました。
まだまだ勉強中の身ですが、汎用的に使えるテストツールが作れそうだなぁ…と、メインのお仕事の合間に作成中です。
次回はそれを紹介できたらなぁと思っています。

ありがとうございました。

主にテストをしています。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です