コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

web3.jsを利用してEthereumを触って見る

web3.jsを利用してEthereumを触って見る

Fusic Tech Blog

1. web3.jsとは

web3.jsは、EthereumのJavaScript APIです。
今回はweb3.jsを使ってEthereumを触ってみたいと思います。

詳細はこちらをご覧ください。
web3.js – Ethereum JavaScript API — web3.js 1.0.0 documentation

2. 環境構築
go 1.11.1
node 11.0.0
homebrew
Gethのインストール
$ brew tap ethereum/ethereum
$ brew install ethereum
$ git clone https://github.com/ethereum/go-ethereum
$ cd go-ethereum
$ make geth
Ganacheのダウンロード

ローカルのEthereum環境として「Ganache」を利用します。

Truffle Suite | Ganache

GUIで管理できるEthereum環境です。

3. サンプルコード
アカウント一覧の確認
var Web3 = require('web3');
var web3 = new Web3();

var provider = '{Ganacheに表示されるRPC SERVERのアドレスを記入}';
web3.setProvider(new web3.providers.HttpProvider(provider));

var _confirm = web3.eth.accounts;

web3.eth.getAccounts(function(error, result) {
    console.log(result);
});
[
  '0xC1dBc299d3d6F49d65022600533cC2F397BdceB8',
  '0x87BD423b1cc134f196B68476c95EE391Fb7223c0',
  '0x6D9E14da82538715EA45E9328d161b6860E014d3',
  '0x4BbB7e82973c41e5a310CB0f42B428c24Cc918EE',
  '0x01009d2284F3e51FE025EA36990B5BB28d97c46D',
  '0x0b70F46c180beA2Efe9217fd638a52a3955e028e',
  '0x0e97056D218aa00637908Ed3D06034595F2243Eb',
  '0xe4f18c9A9Fa46bB6F435AEe975589A42734088Ab',
  '0xD990802737a8b357376fF291415C86579Cb2A6C9',
  '0x15E1AF27d5e9aD4dA4C3a4b7F893670e83326d1c' 
]
残高の確認
var Web3 = require('web3');
var web3 = new Web3();

var provider = '{Ganacheに表示されるRPC SERVERのアドレスを記入}';
web3.setProvider(new web3.providers.HttpProvider(provider));

web3.eth.getBalance('{残高を確認したいアカウント}', function(error, balanceWei){
  var balanceETH = balanceWei / 1000000000000000000
  console.log(balanceETH + 'ETH');
});
100ETH

ひとまず、動いたで次回はこのコードをAWS Lambda上で動かしてみたいと思います。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です